2007年05月20日

スクリプトエンジン「AutoHotKey」

パソコンを起動したときに、
スタートアップから大量のソフトを起動すると、
起動完了までが、凄まじく重い。

驚きの低スペックPCな俺としては
一通り起動作業が終わってから、
個別にIM/IRCクライアントだとか、
RSSリーダーなんかを立ち上げてたんだけど、
これが地味に面倒臭い。

というわけで、そんな面倒臭い作業を
ショートカットキー一発/完全自動
さくっとやってくれるソフト
AutoHotKey を導入してみたわけです。

スクリプトエンジンなので、
こう自分でスクリプト組んでやんなきゃいけない。
で、とりあえずぐぐる先生にお伺い。
検索してみるとわかるけど、
AutoHotKeyを流行らせるページ
ばっかりでてくる罠。

中級者向けって感じで、ぶっちゃけ理解するのに
1日かかりました。
とりあえず、ポイント数点。メモがわり。
俺がひっかかったところなど。

AutoHotKey.exeを素で起動した場合
 MyDocumentAutoHotKey.ahkを起動している。
とりあえず、迷わずAutoHotKey.iniにファイル名を書き換えて、
AutoHotKey.exeと同じフォルダに放り込む。
 すると、素で起動するとAutoHotKey.iniからスクリプトを読み込む。

最初、何していいのかよくわからん
 とりあえず、スクリプトを書いてみる。
書く場所は、AutoHotKey.iniとか、hogehoge.ahkとか。
*.ahkから起動する場合は、関連付けを忘れないように。
俺はAlt+HキーAutoHotKeyを流行らせるページの
DL版Helpが起動するようにしてみた。
exeのあるフォルダに、Help_jpってフォルダ作って、
その中にDLしてきたHelpを入れて、下のスクリプト。
(普通にコピペで書いたら動く。デフォルトの#zと大差ない)
#h::Run %A_ScriptDir%\Help_jp\index.html
≪解説≫
#がAlt
%A_ScriptDir%は実行しているスクリプトのあるフォルダ

コメントアウト
/* */ でC++とかと同じ奴。
スクリプトの文末や、一行だけのコメントアウトは ; を半角で。

日本語が文字化け/#Includeってナニ?
 なまず日記さんのmbstring.ahk#Includeする。
標準のスクリプトフォルダに入れた場合は、↓
#Include %A_ScriptDir%\Extras\Scripts\mbstring.ahk
これで文字化け解消。
 1回呼び出すだけなら、Runで、
iniファイルに書いてあるスクリプトのように扱いたいなら
#Includeで利用するんだと思う。

とりあえず、今のところ俺が理解できてるのは、
こんなところなので、
猿でもわかるAutoHotKeyの解説キボンヌ

まぁ、おいおい覚えていきますよ。
とりあえず、まだどんなことが出来るのか、
把握しきってないので、
また何か覚えたら書くかも、面倒臭かったら書かないかも。
posted by RUN at 02:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記/徒然
この記事へのコメント
このページの記事を読んで自分の都合上に変更したのですが、エラーが出て正常に実行されません?
#h::Run %A_ScriptDir%\IME切換
return
エクスプローラ表示しています。「IME切換」っと、言うファイルがありますがやってみるとエラーが出て実行されません?


Posted by 4444 at 2010年01月26日 06:37
この記事から1年以上経ちますが,以後の経過を書いたブログが見たいです。

Posted by 1024ub4u4bgn at 2011年09月22日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。